コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)

 イネの穂の枝分かれ数を大幅に増加させる遺伝子を、名古屋大の研究チームが発見した。実験では「日本晴」の1株当たりの米粒数を最大52%増加させることに成功。小麦やトウモロコシにも応用できる可能性があり、研究チームは穀物の増産につなげられるとしている。23日付の米科学誌「ネイチャー・ジェネティックス」(電子版)で発表した。

 研究チームの芦苅基行・同大生物機能開発利用研究センター教授(植物分子遺伝学)らは、穂の枝分かれの数が日本晴より約3倍多い品種から、最初の枝分かれである1次枝梗(しこう)の数を決める遺伝子を特定した。

 日本晴にこの遺伝子を導入したところ、約11.6本だった1次枝梗数が21.4本に増加。1株当たりの米粒の数は2232粒から3142粒へと約41%増えた。さらに、芦苅教授らが05年に特定した米粒数を増加させる遺伝子も導入すると、1次枝梗数は23.8本、米粒数は3396粒と約52%も増えた。

 芦苅教授は「これらの遺伝子を利用するとイネの収量を劇的に増加させることができる」と期待している。【福島祥】

【関連ニュース】
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認
ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
遺伝子:雌特有の遺伝子発見--東大院チーム
科学のまちから:筑波大遺伝子実験センター 「変異トマト」850種公開 /茨城
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認

【金曜討論】漫画児童ポルノ規制 アグネス・チャンさん、里中満智子さん(産経新聞)
映画批評『花のあと』
国民新に参院選前の合併打診=郵政票狙う―小沢氏(時事通信)
高額療養費制度の見直しなどを求め要望書(医療介護CBニュース)
青木氏後継に長男決定=河野氏は署名留保―自民(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

インフル定点が微減(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、4月26日-5月2日の週は0.17で、前週より0.03ポイント減ったことが5月11日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。減少は3週ぶり。

【都道府県別の表の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、最多の佐賀(1.64)だけが「1.0」を上回り、次いで山口(0.97)、山梨(0.45)、新潟(0.38)、広島(同)などの順だった=表=。
 警報レベルを超えた保健所地域はなく、注意報レベルのみを超えた保健所地域は佐賀県の1か所だった。


【関連記事】
インフル定点報告数は微増
新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新
上田健康局長が検疫の意思決定過程説明
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
インフル、B型など季節性の割合が増加

幼保一体化 かすむ公約 文科省と厚労省対立/保護者も賛否(産経新聞)
<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
裁判所庁舎に赤い塗料 女性2人から事情聴く 東京・霞が関(産経新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。