コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与(時事通信)

 日本の糖尿病の95%以上を占める2型糖尿病の発症や進行に関与する新たな遺伝子を、東京女子医大や東大などの共同研究グループが突き止め、米国の遺伝学専門誌に8日発表した。特に、アジアに特徴的なやせ形の患者で強い関連がみられた。
 2型糖尿病は血糖を下げるインスリンの働きが悪くなって起きる。多くの場合、食事などの生活習慣が関係しているが、日本では欧米と異なり肥満体形でない患者も多い。
 研究グループは、2型糖尿病家系の遺伝子を解析し、非肥満型の患者に特徴的な領域を発見。患者1568人と健康な1700人でさらに詳しく調べ、「KCNJ15」という遺伝子の一部の変異が発症に関与していることを突き止めた。
 この変異型を持つ人は発症リスクが1.76倍となり、やせ形の人に限ると2.54倍とさらに高まった。また、変異型を持つ人は10年以内にインスリン分泌量が低下する頻度が高かった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か
国民8人に1人が受診=新型インフル、重症化率横ばい
85例目脳死移植を実施=大阪大など5病院
イネ開発で民間参入を後押し=品種提供や共同研究

米車対象外のエコカー支援、国務長官が懸念(読売新聞)
<名古屋市>231億円の税収減 来年度一般会計予算案(毎日新聞)
<脱税容疑>左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発(毎日新聞)
副大臣・政務官、15人増員へ(読売新聞)
ヒューザー控訴取り下げ 耐震偽装損害賠償訴訟(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。